「ありがとう」「ごめんなさい」が言えないと人生損する話

sorry

 日常生活において、「ありがとう」「ごめんなさい」は、ごく普通に使われていますよね。しかし、大半の人は、これがしっかり言えてません。

 何かしてもらったら、感謝の意をこめて「ありがとう」。相手に迷惑をかけてしまったら、「ごめんなさい」と謝罪するのは、集団生活を営む上で、最低限のルールです。

なぜ「ありがとう」「ごめんなさい」が言えないのか?

 「ありがとう」「ごめんなさい」が言えないのは、若い方より、年配の方に多く見られます。ではなぜ言えないのか?

  • 言いなれていない、表現が下手、とっさに出ないだけ
  • 恥ずかしいから言えない・言いにくい
  • 相手にミスを認めたくない
  • 相手を見下している
  • 相手のことを単純に嫌いだから

 理由は人それぞれです。

 若い方は、素直ですが、言いなれていないなどの理由で、言いそびれることは、よくありますね。年配の方だと、相手を見下していたり、嫌いであったり、認めたくないなど頑固な理由で、言えない人が多いです。

「ありがとう」「ごめんなさい」が言えないと、友達・恋人ともうまくいかない

 気持ちを口に出して伝えることで、相手に情報の伝達ができます。気持ちを言葉にしないと何も伝わらないことが多いです。

 言葉に出さないと、相手はわからない、つまり不信感を抱きます。たった一言が無いだけで、恋も仕事もうまくいかないことも少なくはないでしょう。

 相手はロボットではなく、人です。しっかり言葉に出して伝えることを心がけましょう。

「ありがとう」「ごめんなさい」は必ず伝えることが重要

sorry
 「ありがとう」でも「ごめんなさい」でも、そのときに言えなかった言い忘れた場合は、後日でもいいし、電話・メール・ラインでも構いませんので、必ず伝えることが重要です。

 素直に感謝の気持ちを表すことで、信頼度・好感度がアップします。言われた側は、もちろん嬉しいです。日頃から「ありがとう」「ごめんなさい」を言う習慣をつけましょう。これが言えないと、社会人失格のレッテルを貼られてしまいます。

「ありがとう」「ごめんなさい」が言えないと人生損する

 たった一言が言えないだけで、人生損します。逆に、その一言が言えるだけで、人生得すると言っても過言ではありません。

 育ってきた環境が良いのか、最近の若い方を見ると、「ありがとう」「ごめんなさい」が言えるしっかりものが多いです。とは言え、しっかり言えている人は、10人中3~4人くらいです。

 一言があるか否かで、数少ないチャンスをゲットするか、失うか。

 「自分は…うまく言えてないかな…?」と思う方は、少しずつで良いですから、考え方を改善していきましょう。

 たった一言でいいのです。もし自分に少しでも非があると思ったら、時間がたってでも「ごめんなさい」「すいませんでした」の一言は大事なことです。その一言があるだけで、溝ができてしまうことを防ぐことができます。

さいごに

 何気ない一言が、人生を大きく左右することもあります。友達・恋人を失うこともあれば、気になっていた異性をゲットできたり、大きな仕事をもらえたりと、様々です。

 感謝と謝罪は、しっかり伝えましょう!

スポンサードリンク
関連記事
  1. 平気でドタキャンする人の心理は?付き合い方は?
  2. ドラマ版「デスノート」 夜神月(キラ)の考え方は、賛成?反対?
  3. 理想の付き合い方は「狭く浅く」
  4. すぐ文句を言う人の心理は?どう対応したらよいのか?
  5. 子供に、強制的に習い事をさせ続けても、効果が無い
  6. 誘いを待つのではなく、積極的に誘うことで、交流が増えた
  7. 共働きなのに、家事を片方に全て任せるのは、間違いという話
  8. なぜ女性の多くは、秘密を守ることができないのか?
  9. 優しい人はどのような思考の持ち主なのか?優しくなるには?
  10. 意外と意識していない?第一印象が良いと、得することが多い話。
  11. 他人に平気で迷惑をかける人の接し方・対処法
  12. 要注意!口が軽い人は、嫌われる!口が軽い人との接し方など
  13. 性格は、どう繕っても顔に出る。歳を重ねるたびに顔に出やすくなる?
  14. 甘えさせるのは良い。甘やかすのは駄目。
  15. たった一言で、すべてが変わる場合がある!『口は災いのもと』
  16. 人を不快にさせる 『ため息』という行為。知らずにやっている人は注意
このエントリーをはてなブックマークに追加