人の集まるところで、ビジネスがうまれるという話

 ネットビジネスで結果を出すための基礎の1つとして、「人の集まるところで、ビジネスがうまれる」という話を簡単に記事にしてみました。

人の集まるところで、ビジネスがうまれる

 人のいないところには、ビジネスも無ければ、お金もありません。被リンクも無い、検索エンジンからも訪れることの無い、完全に独立したできたてホヤホヤのホームページに、人は集まりません。人が集まらないということは、ビジネスとして成り立ちません。

 ネット上で物を売ってみたいと思えば、個人でも気軽に、物を売買でき、人が集まっているサイトと言えば、断トツでヤフオクでしょう。
 ※ヤフオク

 出品者登録が、少々面倒なのがデメリットと個人的には思いますが、最初だけです。登録さえ済めばあとは、売りたいだけ物を売ればよいのです。登録には、ヤフープレミアムに加入しなければなりません。クレジットカード、ヤフオク提携のネットバンク口座があれば、登録ができます。私はヤフオク提携の楽天銀行の口座を開設してからヤフオクを利用しております。
 ※楽天スーパーポイントが貯まる銀行!楽天銀行!

 ブログを書いて読者を集めたいと思えば、

  • アメブロ
  • FC2
  • ライブドアブログ

あたりでしょうか。

 とは言え、アフィリエイトを禁止しているアメブロでは、読者を増やしても直接的な収入は期待できません。別のサイト(メインサイト)へ誘導するなり、工夫しなければなりません。

 更にブログ村など、ブログランキングサイトへの登録もアクセスアップに繋がります。ブログで儲けようとしても、ある程度のアクセスがなければ収入に結びつきません。
ブログ村

 わたくしが、インターネットをはじめて1年後くらいでしょうか、ホームページを作ってみようと決めました。確か1999年です。その頃は、個人ホームページを作るのがブームで、自分もその波に乗り作ってみましたが、一ヶ月に5~10のアクセスでした。

 どうにかアクセスを伸ばせないかと考えました。当時かんたんにホームページを作ることのできる「gaiaxの無料ホームページ作成サービス」に申し込みました。そこには、今で言うアメブロの足跡を残すペタ機能ににたものがあり、その機能を使い自分のホームページを宣伝しまくり、更に”gaiaxで作ったサイト”で使うことのできるサンプルhtmlタグを公開していたら、あっというまにアクセスが100,000を突破したのを覚えています。

 人が集まり、需要のあるものを提供するだけで、どんどん人が集まってきます。ネットの最大のメリットですね。 

SNSで集客し、ビジネス化

 twitterやfacebookなどを利用して、人を集めることができれば、ビジネスがやりやすくなります。わたくしの知人で、趣味でメルマガを発行している方がいます。

 その方は、アフィリエイトのことを知らなくて、「あなたのメルマガにアフィリエイト広告を貼ったら、ちょっとしたお小遣いを稼げるかも」と教えたら、さっそくアフィリエイト広告を貼ってみたそうです。そうしたら、少ないけれど、1200円の報酬が発生したと、はしゃいでおりました。

 趣味でやっているメルマガで、お小遣いを稼げてしまうのですから、アフィリエイトというネットビジネスは魅力的ですよね。人さえ集められれば、お金を稼ぐには、そう苦労しないのです。しかし人の集め方が、難しいのです。集客できず、お小遣い稼ぎもできず、ネットワークビジネスを挫折する方は大半を占めます。

 人集めは、ビジネスの基本です。特にネット上でのビジネスでは、なお更です。これからネットで儲けてみよう、成功してみようと思う方は、まず「人」です。集客を意識した行動を心がけて見ましょう。

さいごに

 人が集まる場所 ⇒ ビジネスがうまれる ⇒ ビジネスが成り立つ です。

スポンサードリンク
関連記事
  1. 就職した会社が、「ブラック企業かも?」と思ったこと
  2. 日本の有給取得率は50%以下!有給を使う義務があります!
  3. 週休3日制のメリットとデメリットを考えてみた
  4. 昇格・出世で性格や態度が豹変するような上司に誰もついてこない話
  5. ビジネスにおいて初対面でのタメ口はありか?
  6. 現場の声を一切無視する経営は失敗する
  7. 経営には経営のセンスが必要。決して「勉強できる=経営できる」ではないという話
  8. 元システムエンジニアが語るIT業界の裏話 やりがいはあるが辛いよという話
  9. 誰かが楽をすれば、誰かが大変な思いをするという話
  10. 是非知っておきたいビジネスで使える『AIDMAの法則』(読み:アイドマの法則)
  11. 協調性が無い人の特徴とは。解雇の対象になるのか?
  12. 「会社を辞めたい」 どんな理由が多いのか?
  13. ビジネスで「背水の陣」(ハイスイノジン)
  14. 仕事で役に立つ『パーキソンの法則』
  15. ユーザ・顧客の声を無視しては、ビジネスが成り立たない(ゲームサイトの例)
  16. これから就職活動を始めようとする学生へアドバイスしてみた
このエントリーをはてなブックマークに追加