スネップ(SNEP)と言われる孤立無業者の問題が注目されつつある。

SNEP2

 近年、ニートやフリーター問題が、メディアにたびたび取り上げられています。社会問題化しているニート(NEET)ですが、最近ではスネップ(SNEP)と言われる孤立無業者の問題が、注目されつつあります。

 わたくしもニートかつスネップの経験者です。2000年代半ばには、スネップ人口が100万人を突破したとされています。
 参考サイト:スネップ(WIKI)

スネップ(SNEP)の定義は?

 スネップの定義は?下記の2つの条件を満たしている場合に、スネップに該当します。

  1. 20歳~59歳までの未婚の無業者
  2. 普段一人でいる、もしくは家族のみしかいない

 スネップ(SNEP)は、solitary non-employed personsの頭文字をとって、SNEPと呼ばれるようになりました。

ニートとスネップの違いは?

 ニートとスネップの違いは、簡単に言えば、家族以外の交流が、有るか無いかの違いです。

 ニートとは、「求職活動をしていない未婚の34歳までの無業者」と定義していますが、スネップは、求職活動の有無は関係なく、「家族以外との交流が無い20歳から59歳の未婚の無業者」です。

 スネップには、2つ種類があります。

  • 一緒にすごす家族がいる … 家族型孤立無業
  • 一緒にすごす家族がいない … 一人型孤立無業

 ニートとスネップの違いは、以下の図を参考にしてください。
snep

 仕事もせずに、人との交流も無いとなると、刺激の無いワンパターンな毎日をおくることになりますよね。病気などで働けない、外に出れない場合を除き、働けるなら働いたほうが楽しいですし、人との交流も多くなり、充実した毎日を送ることができるはずです。

スネップかつニート

 スネップでありニート(59歳までの高齢ニートも含む)でもあるスネップニートが、20歳~59歳までの未婚無業者の3割を占めているそうです。
 
snep_and_neet

 わたくしも、スネップかつニートの経験があります。起業前の勉強などの期間ですが、ほとんど外の交流が無かったです。対人ストレスが無いのも、またストレスでした。仕事もせず、一人でいると、考えてはいけないネガティブなことまで考え、少々ウツ気味になってしまったこともあります。

 仕事もなく、交流もなく、何も無い状態が続けば、何らかの形で、悪い影響が出てきてしまいます。

脱スネップするには?

 スネップに多いのが、

  • ネガティブ
  • めんどくさがり

です。

 ネガティブで、めんどくさがりだから、なかなか職探しができないのです。

 仕事も大切ですが、やはり人との交流がないと、人生がもったいないです。せっかく人として生まれてきたのなら、一緒に仕事したり、食事したり、意見を交わしたり、ときには恋愛したりしたいですよね。そのためには、脱スネップです。

 仕事をしていないと、収入がないので、外部との交流が少なくなり、スネップになりやすいです。

 今現在、スネップであるという方は、バイトでも派遣でもいいから、勇気を持って一歩前進してみてください。テレビやネットゲームに没頭するのも楽しいかもしれませんが、仲の良いパートナーを作るのも、楽しいものです。

さいごに

 働いていたほうが、精神的にも経済的にもゆとりがうまれます。現在、スネップだけど、体が丈夫で働けるなら、頑張って一歩を踏み出してください。身の回りにスネップがいるのであれば、何か手助けをしてあげてください。

スポンサードリンク
関連記事
  1. 学生やフリーターを苦しめるブラックバイトの実態
  2. 人と関わりたくないから、働きたくないは理由にならない
  3. 元大卒ニートですが、ニートが社会復帰できるようにアドバイスしてみる
  4. フリーターの高年齢化ついて考える
  5. 夢・希望・目標があるニート・フリーターと、そうでないニート・フリーター
このエントリーをはてなブックマークに追加