広告収入を、GoogleAdSenseばかりに頼ってはいけないという話

 グーグルが提供するアドセンスは、自作ホームページやブログに、ページにマッチした広告を選んで貼ってくれるシステムです。ウェブサイトの管理者自身で広告を選ぶ手間も省け、アフィリエイトで儲けようとするならば、誰しもが使いたい・導入したいシステムです。

アドセンスは、少ないアクセスでは稼げない

 わたくしも以前、htmlタグで作ったプチサイトに、アドセンスを導入しておりましたが、サイトのPVも少なかったため、まとまった収益に結びつきません。またシステム導入まで審査もあり、何度か再審査することになり、利用するまでに時間がかかりました。

 アクセスの大小に関わらず、記事によっては、アドセンスを利用するよりは、ASP業者経由で提携した企業の広告を厳選して貼っていた方が、よいのではと思いました。

アドセンスに頼りすぎると…

 アドセンスにたよってしまうと、”儲かる広告を選ぶ力”がスキルアップしません。アフィリエイターとして、広告を選ぶ力が成長しなければ、将来性は期待できないと思っております。

 アドセンスは、広告を選んでくれますが、「ん?この広告を出しても、このページじゃ反応が薄いのでは・・・?」なんて思うことも多々あります。

 そんなわたくしも以前は、全ページに当たり前のように、アドセンス広告を闇雲に貼り付けていましたが、、徐々にアドセンスから個別広告へ切り替えると、報酬額がアップしたページも少なくありませんでした。

 仮にアフィリエイトの収益の大半がアドセンスであるとして、もしアカウント停止なんていう処置を食らってしまった場合、路頭に迷うこともあるかもしれません。収入源を分散する意味でも、ASPと契約し、個別企業の広告を貼っていたほうが安全でかつ、将来性もあります。

 アフィリエイトで大きく儲けるならば、アドセンスより個別の広告です。自分の周りでも100万稼いでいるアフィリエイターはゴロゴロおりますが、アドセンスで100万円稼いでいるよなんていう事は見たことがありません。

さいごに

 運動も勉強も同じですが、楽をすれば、スキルアップができません。グーグルアドセンスは確かに使い勝手はよいですが、アフィリエイターならば、儲かる広告を自分で選んで使いたいところです。
 

スポンサードリンク
関連記事
  1. アドセンス広告の停止を食らいました。
このエントリーをはてなブックマークに追加