忙しい人のための毎日できる英語の勉強方法

eng

 忙しい人のための、簡単な英語の勉強方を紹介させて頂きます。

 わたくしは、独学ですが、現在英語の勉強をしています。とは言え、一日10~15分程度ですが、毎日実施しています。

基本は文法

 いくら英単語ばかり覚えても、使わないと忘れてしまいます。漢字と同じで、使用頻度が少ない漢字は忘れがちです。

 基本的に文法の勉強をしつつ、英単語の勉強を平行する形が一番効率が良いです。

 文法といっても、普段使わない文法を覚えてもおそらくすぐ忘れてしまいます。覚えやすいのは日常の生活でよく使うフレーズです。

 英語の文法は、ひたすら書くだけで覚えるのではなく、実際に口に出して発音することで、身に付きやすくなります。”書いて”覚えて、”口に出して”覚えての繰り返しです。

 通勤・通学の移動中でも良いですし、食後でも良いし、就寝前でもいいので、毎日発音することで、文法が脳裏に焼きつきます。もちろん人によっては、個人差がありますので、数日で1つの文例を覚える人もいれば、1日で3~5つの文例を覚える人もいます。

まず覚えるのは、普段使う基本的な文法から

 学校でも、会社でも、自宅でも構いません、普段よく発する文を想像してみてください。

  • 今日は、暖かいですねー!
  • 昨日は、遅くまでありがとうございます。
  • おごってもらい、申し訳ありません。
  • 彼氏ができましたー。
  • それ、取ってもらってもいいですかー?

など、普段当たり前のように使う文例が、一番覚えやすいです。

 この文章は、普段使うかな?と思ったら、ネットで検索すればたいがい出てきます。見つからなければ、ヤフーの知恵袋で聞いてみるのも良いでしょう。本を1~2冊買うのもよいでしょう。

 覚えたい文例が決まったら、ノートに書き出します。ノートは英語が書けるノートでも良いし、大学ノートでも良いでしょう。ノートの左ページに英文、右のページに日本文を書くことで、復習しやすくなります。

 文法をより理解しやすくするために、1つ1つの単語の意味、「get up」(起きる)といったように組み合わせて使うものは、どんな意味があるのかメモしておくことが重要です。

毎日やることが重要

 英単語にしても、文法にしても、丸暗記しても、普段使わなければすぐ忘れてしまいます。毎日やることで、忘れ難くなります。さきほどノートの左に英語、右に日本語と言いましたが、英語の部分を隠し、日本文を見て、すぐに英文が出てくるようになるまで、何度も復習する必要があります。

 英会話教室に通うのも一つの手ですが、”自分で毎日やろう!”とする意気込みが、英語を身に付けるスピードを加速させます。

 更に、毎日やろうとするためには、毎日使いそうな文をチョイスし、覚えていくのが重要です。

 毎日、一通りやると、普段使う文例をほぼマスターできるので、英会話も夢ではないです。

さいごに

 忙しい人のための、簡単な英語の勉強方法はいかがでしょうか?実際に、一日数分ですが、毎日実践してみて、覚えやすかった方法です。

 英語の勉強方法は人それぞれ違うとは思いますが、今回の記事では、わたくしの独学のやりかたを紹介させて頂きました。

スポンサードリンク
関連記事
  1. 2桁の掛け算を、すばやく暗算で計算できてしまう方法(第2回)
  2. プライベート用と仕事用のアカウントを分けたら、作業効率がアップした
  3. 仕事や恋愛に見切りをつけて、次のステップへのチャンスをつかむ
  4. 友達や職場の仲間にクリスマスプレゼントを企画してみよう!
  5. 久しぶりに、丸1日予定の無い日を作ったらリラックスできた話し
  6. 言い方がきついと損してしまうことが多い
  7. 朝活を1年間やってみた。朝活を楽しむ方法など
  8. 暑すぎると思考力・集中力が半減してしまう
  9. 引越しは、最大の断捨離チャンス!
  10. 電子書籍の作成から販売までの一連の流れ
  11. 2桁の掛け算を、すばやく暗算で計算できてしまう方法(第1回)
  12. これから独学でプログラミング言語を学ぼうとする方へのアドバイス
  13. 飲み会が苦痛・嫌でも、参加することでビジネスチャンスあり?
  14. 優良ドライバーだけど、基本的に、車を運転しない理由
  15. 知っておくとためになる!落ち込んだ相手の対処法
  16. パニック障害を克服・治したきっかけ
  17. 今の時給で、その仕事を続けますか?
  18. 夢・希望・目標を持つことの大切さ
  19. 距離を近づけるために、敬語を崩してもらう、敬語を止めてもらう方法
  20. 片付けられない場合に、考えて欲しいこと、実践して欲しいこと
このエントリーをはてなブックマークに追加