定年後の起業には「従来型起業」と「身の丈型起業」がある

 朝日新聞のなるほどマネーに気になる記事があったので、シェアしておきます。記事は2015年4月27日の記事です。

 新聞の記事には、定年後の起業には

  • 「従来型起業」
  • 「身の丈型起業」

の2つがあると記載されていました。

 従来型起業は、本格的な起業のことを言います。事業計画書を作り銀行から資金を集め、求人を出しスタッフを雇い、大掛かりな起業です。

 身の丈型起業は、起業の資金は、融資してもらうのではなく、自分で貯金した資金で起業します(無借金起業)。またスタッフは雇わず、自分のみ、もしくは雇っても1人くらいにとどめます。

 今回の記事では、定年後の起業には、「身の丈型起業」がお勧めという点について少し書きます。

minotake

定年退職後の起業

 会社員時代と違い、雇われて働くことと経営は全くべつものです。そのため、起業してもリスクが大きく、失敗してしまうことが多いです。

 失敗しないためには、何が重要なのでしょうか?2つの条件があります。

  • 無借金であること
  • 顧客がいること

 若者の起業に比べて、定年退職後の起業には、年金の存在がありますので、失敗しても生活にあまり困ることはありません。そのためには、無借金で経営することが重要です。

 銀行などに、融資してもらい、事業に失敗してしまっては、年金を貰ったところで借金の返済にあてるはめになります。そもそも融資してもらえるとは思いませんが…きっと相手にもされないでしょう。

 自分で貯金した資金のみで経営をするわけなので、極力経費を抑えることを重要視します。オフィスは貸しオフィス、スタッフは自分1人にするなど、固定費を少なくします。レンタルオフィスは、よほど田舎でない限り、どこにでもあります。

 次に顧客についてです。起業してから、仕事探し、顧客探しをしている暇はありません。顧客がいるからこそ起業するのです。起業したてのころは、何かと支出が多いので、少ない資金でスタートするので、早期に資金がショートしてしまう恐れがあります。そうならないためにも、顧客がいて、売上を得られるようにする必要があります。

 顧客がおらず、売上が得られるのかすら不透明な起業は、リスクしかありません。ましてや定年後の起業となればなおさらです。

さいごに

 定年退職後の起業は、貯金した起業資金以外に、老後のたくわえをしっかり用意しておいてください。また退職前に、起業することを既にお考えの場合は、顧客を獲得するために、ひそかに営業しておくことは重要です。

 起業資金を自分で用意でき、顧客も獲得できたら、いざ起業!という流れが、理想の起業の仕方です。

スポンサードリンク
関連記事
  1. 自営業だけど、副業アルバイトをする3つの理由
  2. ウェブライターとは?どのような仕事なのか?
  3. ブロガー(個人事業主)の帳簿の書き方 簡易簿記編
  4. 個人事業主として起業し、7年目ですが・・・勉強になったこと、大変だったことなど
  5. 個人事業主としての開業準備と開業方法 ~ 開廃業等届出書の書き方など
  6. 個人事業主として、起業環境が整っているならば、今すぐに起業するべき
このエントリーをはてなブックマークに追加