七夕の織姫は、神様の一夜妻だったという話し

 日本では、毎年7月7日になると、短冊にお願い事を書いたり、チラシ寿司を食べたり、地域ごとにお祭りを開催したりと、国内では七夕を楽しむのが、昔からの習慣ですね。

 七夕には、年に一回だけ会う事が許されている「彦星」と「織姫」が、天の川にて再会すると教わってきました。その織姫ですが、実は神様の一夜妻であると言い伝えがあります。

tanabata

織姫は、神様の一夜妻!

 そもそも七夕では、笹の葉を用意して、お願い事を書いた紙を縛って吊るしますよね。あれは元々中国の星祭の影響を受け、都会から地方へ、全国的に広まったとされています。

 日本では、七夕になると、棚機津女(たなはたつめ)と言われる行事が中心でした。棚機津女の行事とは、織女(おりめ)と呼ばれる選ばれた女性が、機屋にこもって、七夕の日に来臨する神様の一夜妻となって、”村の災厄を持ち去ってもらいましょう”というものでした。

 棚機津女の棚機(たなはた)とは、機(はた)のことであり、この”棚機津女”が略されて、棚機となったのが、七夕の語源です。

さいごに

 全国各地には、七夕の言い伝えがたくさん存在しています。全部をピックアップしたらキリが無いのですが、棚機津女の話は、非常に有名でしたので、記事として取り上げてみました。

 七夕は、年に1回のイベントです。是非、短冊にお願い事を書いて、笹の葉に吊るしてみてください。普段お願い事なんて書きませんよね。大人になっても、七夕のイベントは毎年新鮮だなぁ…と感じます。

スポンサードリンク
関連記事
  1. アルコールが抜けるまでの時間は?簡単に計算する方法
  2. 血液型と性格の関連性は無いという話
  3. 近年、流行りつつある「お盆玉」とは?ポチ袋はどんなものを?
  4. 今すぐ使える雑学(野球編)「野球は21点取った方が勝ちだった」他
  5. 土用の丑の日に、なぜうなぎを食べるのか?平安時代にはすでに食べられていた。
  6. 国際線の飛行機で出産した場合、国籍はどこに?
  7. ハロウィンのお祭りについて なぜカボチャなのか?時期は?
  8. なぜ誕生日にケーキを食べるのか?はじまりは18世紀のドイツ!
このエントリーをはてなブックマークに追加