アクセスを伸ばすための記事の書き方~ブログ初心者向け

 ブログを運営されている方で、なかなか思うようにアクセス数が、伸びてこない!と悩んでいる方は、多いと思います。どのようなテーマの記事を書いたら良いのか?どのような書き方をすれば良いのか?という点をまとめてみました。

 被リンクは、少なからず影響があるものの、新しくブログを作り、記事を書くというスタートラインは、皆同じ条件です。肝心なのは、”記事”そのものです。

情報がぎっしり詰まった記事はやはり評価高い

 SEO対策として、すぐに実践できて、効果的なのは、検索エンジンに評価されやすい記事を書くことです。

 作りたてのブログでは、リピーターもおらず、アクセスは検索エンジンに頼りたいところです。書いているジャンルの記事にもよりますが、検索結果の上位に表示してもらうためには、情報量が豊富なページを提供することが重要です。

 文字数の目安としては、2000~3000文字は最低でも書く必要があります。ライバルが少ないジャンルであれば500文字程度の記事でも、上位に表示してもらうのは簡単かもしれませんが、いずれライバルに追い越されてしまうでしょう。

 記事の文字数が200~300字より、2000~3000字ある記事の方を、検索エンジンが、検索結果上位に押し上げるのは言うまでもないでしょう。

文字数以外の工夫

 記事は文字数だけではなく、他にも工夫次第で、記事の評価をあげることができます。

 まず下記のアナリティクスの画像をご覧ください。
chart

 検索エンジン経由のアクセス数をグラフに表示してみました。グラフ内のオレンジとグリーンは、ともに当ブログ内にある記事です。2つの記事は、書いた時期もテーマもほぼ同じです。違う点としては、

  • 記事に関連する写真の有無(写真はオリジナル)
  • 関連サイトへのリンクの有無
  • 検索に引っかかりやすいように複合キーワードの有無

です。

 文字だけの記事としても充分評価は高くても、ライバルに差をつけるという点では、関連画像の添付は大きいです。記事の内容や使用するオリジナル写真によっては、画像検索からも流入も期待できます。すべての記事で画像は一切使わないのと、記事毎に必ずオリジナル画像を添付するのでは、画像検索からのアクセスの差は、歴然としています。

pic

 記事を書く上で、自身のブログの記事で完結せず、関連サイトのリンクがあるならば、是非リンクを貼ってください。記事に関する情報の提供に限らず、関連するサイトや記事へのリンクを貼ることで、検索エンジンだけではなくユーザからも高い評価を受けます。

 今回の記事では、”記事の書き方”をテーマとして書いていますが、検索流入という観点でみると、非常に検索されにくいキーワードばかり並んでいます。そんな時は、複合ワードとして、”アクセス”、”伸ばす”、”伸び悩む”など検索されやすいキーワードを意識的に織り込むと効果的です。テーマに特化した記事であるなら、書きやすいですが、どのキーワードを強調したいのか困ったときは、複合キーワードを意識してみてください。検索してくる人の立場にたってみるとキーワードを選別しやすいかもしれません。

さいごに

 さいごに綺麗にまとめると、Wikipediaのような記事が理想というわけです。1つの記事で、情報は惜しみなく提供し、写真の添付、関連サイトへのリンクなど、まさに記事のお手本です。

 アクセスがなかなか伸びてこない方は、是非実践してみてください。

スポンサードリンク
関連記事
  1. モバイルに対応していないサイトのアクセスが徐々に減り続けている・・・
  2. 80日間ブログを毎日更新し続けた結果をちょっと報告
  3. 今後は、SNSでの集客が重要になってくるかもしれない
  4. 一ヶ月間、ブログを毎日更新し続けた結果、アクセスが倍になった。
  5. オーガニック検索の集客が減り、PVが減り、アフィリエイトの収入が落ちた
  6. サイトの更新をストップすると、アクセスが落ちる場合がある話
  7. 大変だったが、カテゴリ整理をしたら、アクセスが伸びた!!
  8. サイトマップ保留の後、”インデックスに登録済み”が減った原因は?
  9. 検索圏外へ飛ばされ、その後、対策したことなど
  10. 当ブログが、検索圏外に飛ばされました。
  11. 同一ジャンルの記事を書き続けることでサイトの評価をアップさせる
  12. 最強のSEOは?googleに好かれるサイト=人のためになるサイト
  13. ページごとに、メタ情報(Metaタグ)を設定し、SEO対策しよう
  14. 突然、検索順位が大きく下がるという謎。原因は・・・?
このエントリーをはてなブックマークに追加