不倫の証拠は?慰謝料の額は?調査会社を利用するべき?

 現在の日本では、3組の夫婦のうち1組が離婚しているという離婚大国であります。平成24年の国が発表した婚姻数と離婚数のデータを見ると、

  • 婚姻:67万件
  • 離婚:23万件

と、離婚率が高いのがわかります。

 離婚の理由の1つとして、不倫があげられます。

 法的には、不貞行為(配偶者以外との性交渉)があった場合に、慰謝料の請求をすることができます。例外もあり、不貞行為がなくても、家庭崩壊に至るような交際があれば、同じような慰謝料の請求ができます。

 今回の記事では、『パートナーの不倫の証拠』『慰謝料の請求』『探偵を使うべきか』などを中心に、簡単にまとめてみました。

不倫の証拠は?映像?写真?

 証拠として一番望ましいのは、不貞行為の映像・写真です。不貞行為は密室で行われるため撮影は難しいです。例として、旦那の留守中に、妻が不倫相手の男性を招き不貞行為中の映像・ボイスレコーダーによる録音で、証拠をつかんだケースもあります。

 一般的には、ラブホテルや不倫相手の部屋(アパートなど)へ、2人で出入りする映像や写真も立派な証拠となります。この際時間も記録しておく必要もあります。

 配偶者が怪しいと思えば、GPS機能付きの携帯電話を車に忍ばせて置き、どこにどれくらい滞在しているのか記録することもできます。

 密室への出入りの証拠だけでは、不貞行為があったことを認めるには少々難しいように思えますが、実際に慰謝料の請求までに至った例は数多く報告されています。

 どこの誰と、何時頃、どこで、どれくらいの頻度で会っているのか分かっているならば、自分で動かず、業者(探偵、調査会社)に依頼すると確実です。

 メールやLINEのログも充分な証拠となる場合がありますので、何らかの形で保存しておくと良いです。

慰謝料の請求について

 まず1番の問題は、不倫が発覚した配偶者に対し、慰謝料の請求をするか否かです。

 意外ですが、慰謝料を請求しない方が多いようです。しかし、不倫の再犯防止として、慰謝料の請求はするべきです。不倫は発覚したが子供のために離婚はせず、慰謝料の請求はするという方は多いです。

 もちろん離婚の有無によって慰謝料の額は異なります。離婚しないケースと比較すると、離婚に至る場合は、3~5倍近く請求することができます(条件による)。

 不貞行為を理由に離婚に至れば、当事者(不倫した配偶者と不倫相手)の2人に、慰謝料の請求が可能です。相手側が慰謝料の支払い能力が無くても、分割払いであったり、親が立て替えるケースもあるので、絶対に慰謝料を取れるなら取ってください。

 ちなみに、不貞行為があれば、法的に請求することができますが、確実な証拠が無い場合でも、慰謝料の請求はできます。ただ、支払う義務が無いだけではなく、逆にこちらが損するケースもあるので、明確な証拠をつかむまでは、慰謝料の請求はしないほうが良いです。

慰謝料の額は?

 不貞行為による慰謝料の相場は100~300万です。とは言え、様々な条件により額が大きく異なります。

  • 婚姻期間:長いほど離婚による慰謝料が大
  • 不倫の期間:長いほど慰謝料が大
  • 不倫相手が、既婚かどうか知っていたか
  • 不倫発覚前、夫婦間が不仲であったか
  • 不倫発覚前、セックスレスだったか
  • 離婚の有無

 一部だけ記載しましたが、様々な条件により慰謝料が決定します。

探偵や調査会社を利用するべき?

 確実に相手から慰謝料を取るなら、確実な証拠が必要です。であるならば、その道のプロに調査を依頼し、裁判に必要な報告書を用意してもらうべきです。

 ただ、膨大な費用が発生してしまうため、「不倫しているかも・・・?」と疑惑がある場合ですと、確実な証拠を掴むことができず、無駄な出費になってしまいます。

 いつ、どこで、だれと…ある程度の情報があるのならば、是非利用してみてください。離婚や慰謝料の請求を考えているなら、なおさらです。プロに頼むことで、証拠を掴むだけではなく、その後のフォロー(アドバイスなど)をしっかりしてくれます。

 漠然とした情報しかない場合は、証拠をつかむまでの日数が増え、莫大な費用が発生してしまいます。「○月○日がおそらく不倫相手と会う!」と言うところまでわかっているなら、短期間で証拠をつかむことができ、調査料金も比較的安くすみます。

 調査会社によって、料金がまちまちですが、極力実績のある業界大手の業者を利用することをお勧めします。

 調査会社を利用するかしないかの最終判断はご自身ですが、もし慰謝料の請求額がある程度予想できる場合、さらに調査会社に支払う費用がわかっていれば、その差額を計算し、大きく得をするなら利用してみてください。

 また不倫疑惑のある配偶者に対し、「ねー浮気してるでしょ?」と問い詰めないでください。もしかしたら警戒されてしまい、明確な証拠をつかむのが難しくなってしまうケースもあります。

さいごに

 人生一度きりとは言っても、法に反する行為をしてまでも、人生を楽しみたいという考えもわからなくも無いですが、誰かに迷惑をかけてしまうことを、絶対に忘れてはいけません。

 過去の関連記事:浮気のボーダーラインは?女性は気持ち、男性は行為

スポンサードリンク
関連記事
  1. 離婚しないが、不倫相手から慰謝料を請求できる?
  2. 駐車場に他人の車が停まっていた場合の対処法
  3. ストレス発散には最適!1人映画の楽しみ方
  4. 寝苦しくて寝れない!そんな熱帯夜で快適に寝る方法
  5. アダルトサイトで、不当な高額請求をしてくるワンクリック詐欺
  6. 映画のエンドロールは最後まで見る?それとも見ない?
  7. 2015年6月に自転車の罰則強化!意外と知らない交通ルール
  8. ドッジボールは暴力的なスポーツだから、授業では禁止すべき??
  9. 映画館離れが深刻?是非映画は映画館で観ることをお勧めしたい
  10. バーベキューを楽しむために、食材・時期・注意点など
  11. 1人酒の楽しみ方をワンポイントアドバイスしてみる
  12. 余った年賀はがきを切手に交換して有効に活用する方法
  13. ホワイトデーのお返しに関する豆知識
  14. パチンコがやめられない人へ、今すぐやめるべきという話
  15. 居酒屋で楽しく飲む方法 飲みすぎ対策や飲み会で注意したいことなど
  16. 部屋に物がいっぱいあると、メリットなんて1つも無いという話
  17. 一人旅の楽しさ・魅力について簡単にまとめてみた。
  18. 引越し経験が二桁ですが、引越しを安くすませる方法を書いてみた
  19. 集団的自衛権の行使でどうかわるのか?一般国民への影響は?
  20. 思わず「え?」と耳を疑いたくなるような変わった趣味には、どんなものがあるのか?
このエントリーをはてなブックマークに追加