血液型と性格の関連性は無いという話

Blood

 血液型によって、ある程度の性格がわかってしまうという話を良く聞きます。例えば、

  • A型:几帳面
  • B型:マイペース
  • O型:大雑把

といったように、それぞれの血液型に特徴があります。几帳面な方がいれば「貴方はA型?」、マイペースな方がいれば「貴方はB型ね?」と予想することができたりします。

 しかし、血液型と性格を結びつける根拠は無く、科学的にも無関係であると証明されています。言い方を変えると、血液型と性格の関連性を証明することができないようです。血液型に関係なく、どの型の人にも、几帳面な方もいれば、マイペースな人も大雑把な人もいるということです。

血液型と性格の無関連性の論文

 京都文教大学の縄田健悟さんの研究テーマ「血液型と性格の無関連性」の論文を見ると、血液型と性格の関連性を証明することができなかったと記載されています。

 研究の内容は、無作為に抽出した1万人を対象に、設定したいくつかの質問に答えてもらい、その結果を血液型ごとにまとめたものです。「楽しみは後にとっておきたい」「ギャンブルはすべきではない」など、様々な質問が設定されています。どの血液型でも、同じくらいの比率であり、血液型により偏ったデータを得られなかったようです。

 上記の研究以外に、こういった血液型に関するテーマは、一部の大学では、今もなお研究が行われています。

そもそも血液型と性格を関連付けたのはいつ頃から?

 血液型と性格が関連付けされたのは、だいぶ前のことです。昭和初期に、現在の御茶ノ水大学の古川竹二教授が『血液型による気質の研究』を発表したのが始まりと言われています。

 参考:血液型性格分類(wiki)

 大日本帝国陸軍では、古川氏の影響を受け、軍医を中心に血液型の研究が行われたそうです。

ブラッドタイプ・ハラスメント

 近年では、血液型によって「あんたはB型だからマイペースだね」「君はO型だから大雑把だね」と、相手を不快にさせてしまうような言動が見られることがあり、これらのことをブラッドタイプ・ハラスメントと言います。

 血液型で、能力が異なるわけではないので、厚生労働省では、各企業に対し、採用面接などで血液型を尋ねないよう注意を促しています。

血液型によってかかりやすい病気がある?

 血液型と性格の関連性は、現在のところ証明されていません。しかし、血液型と病気の関連性は、一部の研究結果では、報告されております。血液に含まれる免疫力の違い、血液型によりかかりやすい病気があるなど。

 もし、医学的に証明されるのであれば、○○型の血液型の人は、××ガンになりやすいと統計的に証明されているのであれば、日頃から、ある程度の対策をすることができ、少しでも長生きすることができるかもしれません。

さいごに

 現在の研究では、血液型による性格の関連性は証明できません。そもそも性格は、育ってきた環境、家族構成、個性、健康など様々な要因で、変わってきます。もちろん双子で同一の血液型であっても性格は全く異なる場合はあります。

 血液型と性格の関連性は無いと知って、残念に思う方はいらっしゃるでしょう。しかし、血液型に纏わる情報は、やっぱり興味がわきますよね。血液型に関するネタがありましたら、また続編の記事を書きたいと思います。

スポンサードリンク
関連記事
  1. アルコールが抜けるまでの時間は?簡単に計算する方法
  2. 近年、流行りつつある「お盆玉」とは?ポチ袋はどんなものを?
  3. 今すぐ使える雑学(野球編)「野球は21点取った方が勝ちだった」他
  4. 七夕の織姫は、神様の一夜妻だったという話し
  5. 土用の丑の日に、なぜうなぎを食べるのか?平安時代にはすでに食べられていた。
  6. 国際線の飛行機で出産した場合、国籍はどこに?
  7. ハロウィンのお祭りについて なぜカボチャなのか?時期は?
  8. なぜ誕生日にケーキを食べるのか?はじまりは18世紀のドイツ!
このエントリーをはてなブックマークに追加