ページごとに、メタ情報(Metaタグ)を設定し、SEO対策しよう

 htmlで作られた静的コンテンツのウェブサイトでも、ワードプレスなどで作られたブログサイトでも、SEO対策としてMETAタグにサイトの情報を付け加えます。

 headタグ内に記載されるMETAタグですが、無料ブログですと全ページ、同じ内容のものになってしまうことがシステムの仕様上よくあります。METAタグには、keywords、descriptionがあります。

使い方は簡単です。keywordsには、サイトのキーワード、descriptionには、サイトの内容を記載します。

<meta name="keywords" content="SEO,アフィリエイト,基礎">
<meta name="description" content="当サイトでは、アフィリエイトやSEOに関する基礎的な情報を公開しています。">

 手打ちで一度でもホームページを作成された方はご存知でしょうが、ブログサイトしか運営したことが無い方は、見るのは始めてかもしれません。

 既存のレンタルブログの場合、タイトル、記事の内容、カテゴリの選択程度で、個別にMETAタグの設定はありません。そもそもMETAタグというのは、個別のページごとに、内容を正確に記載する必要があります。

 METAタグの使いまわしは、検索エンジンからの評価を悪くする恐れもあります。実際にグーグルが提供するウェブマスターツールで、「METAタグのDescriptionが全ページ同一のものである」とエラー報告としてあがってきてしまいます。METAタグが同一の内容ということは、重複するコンテンツとして勘違いされてしまいます。

 システム上、METAタグをいじれない場合は致し方ありませんが、HTMLで静的コンテンツを作る場合は、面倒でも1ページ毎に、METAタグに正確な情報を記載するようにしてください。

wordpressには、プラグインで対応可能
wordpressでは、メタ情報を記事ごとに設定できるプラグインがあります。メタ情報関連のプラグインは、多数ありますが、当ブログでも使っているお勧めプラグインは「Meta Manager」です。

MetaManager

 メタキーワードとメタディスクリプションを設定が可能です。メタキーワードは2~3個設定しましょう。よくばらず10個、20個設定しないようにしてください。メタディスクリプションは、記事の概要を簡単にまとめてください。

スポンサードリンク
関連記事
  1. モバイルに対応していないサイトのアクセスが徐々に減り続けている・・・
  2. アクセスを伸ばすための記事の書き方~ブログ初心者向け
  3. 80日間ブログを毎日更新し続けた結果をちょっと報告
  4. 今後は、SNSでの集客が重要になってくるかもしれない
  5. 一ヶ月間、ブログを毎日更新し続けた結果、アクセスが倍になった。
  6. オーガニック検索の集客が減り、PVが減り、アフィリエイトの収入が落ちた
  7. サイトの更新をストップすると、アクセスが落ちる場合がある話
  8. 大変だったが、カテゴリ整理をしたら、アクセスが伸びた!!
  9. サイトマップ保留の後、”インデックスに登録済み”が減った原因は?
  10. 検索圏外へ飛ばされ、その後、対策したことなど
  11. 当ブログが、検索圏外に飛ばされました。
  12. 同一ジャンルの記事を書き続けることでサイトの評価をアップさせる
  13. 最強のSEOは?googleに好かれるサイト=人のためになるサイト
  14. 突然、検索順位が大きく下がるという謎。原因は・・・?
このエントリーをはてなブックマークに追加