同一ジャンルの記事を書き続けることでサイトの評価をアップさせる

 ウェブサイトやブログを作ったが、なかなかアクセスが集まらない方のために、アクセスアップ術について少し書きたいと思います。ここ1年間の手元のデータを基に記事を書きます。

 まずいきなりですが、同一ジャンルの記事を書き続けることで、サイト全体の評価を大幅にアップさせることができ、最高のSEO対策ができます。

他サイトのトップページより、検索上位を狙える

 例えば、2つの料理のサイトがあったとします。

  • A.料理全般サイト [記事数500以上]
  • B.お菓子の作り方の専門サイト [記事数20程度]

 Aのサイトは、料理に関する記事が500以上と、記事数は膨大、サイト評価は高いです。Bのサイトはお菓子作りを専門に扱ったレシピサイトです。Aのサイトにお菓子の作り方が詳しく書かれた1ページがあるとします。「お菓子の作り方」で検索してみると、必ずしもBのサイトが上位に来るとは限りません。Aのサイトの1記事が1位で、Bのサイトは5~6位なんてことは、起こりえます。

サイト全体の評価が良いサイトは、つられて記事評価も高い

 実際の経験で、ビックキーワードで検索してみると、関連した『小規模サイトのトップページ』より、わたくしが運営しているサイトの1記事(1000字程度)の方が順位が上であるのは、よくあります。

 比較サイトを作ったとして、1位に表示されるのは比較.comのある1ページだったりしますよね。あるジャンルのテーマのKeywordで検索しても、上位には『某まとめサイトの1関連ページ』や『Yahoo知恵袋のQ&Aページ』だったりし、4位あたりに関連サイトのトップページがランクインしたりするのは、良く見かけます。

ノンジャンルは検索によるアクセスアップは難しい

 当ブログのように、ノンジャンルブログは、SEO的には弱い(記事単位でのSEOは別)。よい記事を書いたところで、ビックキーワードでの検索上位に食い込むことは難しいです。

 最初の記事でも書きましたが、当ブログは練習のために作ったもので、書きたいときに書くだけの日記なのでSEO対策をするために、同一ジャンルの記事ばかり書くことはしません(^^;)

同一ジャンルの記事を書きまくって専門サイトへ昇格する

 同じジャンルに沿った記事を書き続けることで、そのジャンルの専門サイトと見なされ評価は上がります。何度も言いますが、わたくしの経験上、同一ジャンルの記事を保有したサイトは強いです。無敵まではいきませんが、ある程度成長すれば、ビックキーワード(+α)で他サイトと対等に勝負することができます。

 調子に乗って、検索ボリュームの高いキーワードを狙って、人気記事をそろえることで更なるアクセスアップを目指すことができます。ライバルを出し抜くチャンスが訪れます。

 発リンクも同じジャンルのウェブサイト(ブログサイト)ではあれば、積極的にリンク貼りしても良いです。ジャンルの違う相互リンクはあまり適切ではないので注意が必要です。

 そのためには、せっせこと…同一ジャンル記事を書き続け、その道を究めることが重要です。既に究めたサイトをお持ちの方は、記事をどんどん書いて、ライバルと戦ってください。

site_seo

スポンサードリンク
関連記事
  1. モバイルに対応していないサイトのアクセスが徐々に減り続けている・・・
  2. アクセスを伸ばすための記事の書き方~ブログ初心者向け
  3. 80日間ブログを毎日更新し続けた結果をちょっと報告
  4. 今後は、SNSでの集客が重要になってくるかもしれない
  5. 一ヶ月間、ブログを毎日更新し続けた結果、アクセスが倍になった。
  6. オーガニック検索の集客が減り、PVが減り、アフィリエイトの収入が落ちた
  7. サイトの更新をストップすると、アクセスが落ちる場合がある話
  8. 大変だったが、カテゴリ整理をしたら、アクセスが伸びた!!
  9. サイトマップ保留の後、”インデックスに登録済み”が減った原因は?
  10. 検索圏外へ飛ばされ、その後、対策したことなど
  11. 当ブログが、検索圏外に飛ばされました。
  12. 最強のSEOは?googleに好かれるサイト=人のためになるサイト
  13. ページごとに、メタ情報(Metaタグ)を設定し、SEO対策しよう
  14. 突然、検索順位が大きく下がるという謎。原因は・・・?
このエントリーをはてなブックマークに追加