htmlサイトの運営を辞めて、WordPressサイトへ移行した理由

 ウェブサイトを運営するにあたり、比較的簡単に始められるという理由で”ブログ”が普及するに連れて、今では「サイト運営=ブログサイト」というのが当たり前になってきました。ネットを10年以上やってきましたが、ここ3年間でブログが飛躍的に増えたのではと実感しています。

 使い勝手のよいブログを利用しようと、過去にブログシステムを導入してみたものの、致命的な失敗とデメリットの多さに、敬遠がちになってしまっていたことがありました。発展途上のブログシステムを否定しがちのわたくしですが、最近ではwordpressによるブログサイトの運営が当たり前になってきました。

htmlサイトとphpサイト、どちらで運営しようか迷った

 数年前に地元の書店にて、成功報酬型広告ビジネス(Affiliate)の存在を知り、サイト運営を始めようと決めたさいに、1つ悩みました。

  • 静的コンテンツ:htmlサイトでのサイト運営
  • 動的コンテンツ:phpサイトでのサイト運営

 最初に考えたのは、phpを使った動的コンテンツのウェブサイト運営です。現在のwordpressサイトのようなものです。基本的なフォーマットは用意しておいて、記事をウェブ上から更新しようというもの。

 自身のスキルとしては、Eコマースを利用したネットショップを作るほど、phpには精通していました。そこでphpで運営してしまえば簡単ではないかと考えましたが、当時検索エンジンで動的コンテンツはSEO的に不利であり、htmlサイトの方がメリットは大きいという情報が当たり前のように流れていました。

 更に、htmlサイトの場合は、パソコンで記事を書き、当該ファイルをネットにアップロードするため、オンとオフ双方にバックアップが可能というメリットがあります。サーバ上のパフォーマンス面においても、動的コンテンツと比較すると勝っていました。

 自作ソフトを作り、記事のファイルは、タイトルや本文やメタデータを格納したxml形式のファイルと、ウェブ上にアップロードするためのhtmlサイトを自動で生成するようにしました。

 …というわけで、htmlでの静的コンテンツでのサイト運営を決めたのです。

wordpressはすべての問題点を改善した

 htmlサイトでのサイト運営は、簡単でした。自作ソフトまで作って、htmlでのサイト運営をする人はほとんどいないでしょうね。運営は順調でしたが、モバイル市場の拡大で、問題点が出てきました。

 モバイル端末ユーザの拡大が最初の難関でした。既存サイトは完全なPCユーザ向けで、モバイル向けのユーザには不向きなサイトでした。そこでモバイルユーザがサイトにアクセスしたら、モバイル向けのページを出力すれば良いのでは?と思い、htaccessによる分岐にて、サイト運営を継続しましたが、どうも面倒であることに気づきました。1記事アップするのに、2ファイルをアップしなければなりません。自作ソフトで勝手に処理してくれるとは言え、サーバ上のファイルの数が増える増える…。

 wordpressでは、記事のデータは、サーバ上のデータベースに保存されるため、ファイルの数は増えない。またアクセスしてきたユーザにより出力を分岐するので、運営やメンテナンスが簡単です。

 半年くらい悩みました。先を見越して、wordpressサイトへ移行しようか…と。サーバ上のパフォーマンス面でやはり問題がありました。いろいろ考えましたが、パフォーマンス面では、改善点はいろいろ出てきました。

  • よりパフォーマンスの良いサーバへ乗り換えれば良い!
  • パフォーマンス重視のオリジナルテーマを作ってしまえば良い!

 サーバを強化してしまえば、スペック面で悩むことはないし、既存のwordpressテーマを参考にしパフォーマンス重視のテーマを作れば、良いのではないか?

 またwordpressが少しずつではありますが、改善されるにあたり、使い勝手が良くなってきました。自身の勉強のためにテーマを作る・改造をしてみたいのと、プラグインに頼らないwordpress運営をしてみたい!と。

 テーマに関しては、まだまだ改善する点は多々ありますが、いろいろ修正したり楽しいです。プラグインも2つあればサイトの運営が可能になりました。

  • Google XML Sitemap
  • Meta Manager

 当ブログでは、別のプラグインも利用したままになっていますが、いつか不要プラグインは外すつもりです。上記の2つのプラグインは、stingerの開発者さんも推奨しているお勧めプラグインです。多くのプラグインを利用することで発生する不都合(相互関係)と、パフォーマンス面の不利。便利なプラグインは多々ありますが、

 結局本当に必要であるのは2~3個程度なんですよね。いろいろ着飾りたいですが、サイト運営をする立場から考えると、閲覧者に対し少しでも良い環境で、閲覧して欲しいと考えます。結局サイトのレイアウトなんてどうでも良いわけです。文章・情報が欲しいわけですから。

スポンサードリンク
関連記事
  1. WordPressで、PC向けとモバイル向けで、表示する広告を分けたい場合
  2. wordpressのお勧めプラグイン ※実際に当ブログで使用しているプラグイン
  3. WordPressの不正ログインを防止する対策について
  4. フィーチャーフォン向けプラグイン『Ktai Style』でガラケーユーザを逃さない
  5. 無料サンプルテーマを改造し、オリジナルのWordPressテーマを作ってみた(まだ途中)
  6. WordPressブログのアクセスアップに挑戦してみようと思う(企画段階)
  7. WordPressとhtmlサイトを比較してみる。SEO~初期設定~コストなどなど
  8. WordPressで簡単に予約投稿を設定する方法
  9. WordPressのスパム対策の為、コメント非表示。別途フォーム設置してみた。
  10. WordPressは、スパムが多い。スパム対策は、サイト運営において必須。
  11. WordPressで公開ボタンを押すとエラーになる。原因は?
  12. SNSボタンをプラグイン無しで使ってみる
  13. WordPressブログの集客方法を考えてみる
このエントリーをはてなブックマークに追加