A8でプログラム解除された場合の対応

ブログ運営

A8.netを利用していて、突然広告が解除されてしまう場合があります。また解除されてしまった場合、Wordpressの記事を修正したい場合、どの記事に広告が貼ってあるのか調べる必要があります。その際にどうやって調べられるのか、記事にまとめてみました。

A8で広告主が、プログラムを解除する理由は?

A8.netでは、広告主が突然プログラムを解除される場合があります。提携しているプログラムが、特に違反をしていないにも関わらず、連絡なしに解除されることがあります。このような場合、A8からの通知メールは届きません。なので定期的にプログラムの解除があるのかチェックしなければなりません。

広告主は、提携後も定期的に提携サイトを見直しています。解除された理由についての詳細は非公開ですが、その背景には広告主の見解や戦略の変化、または提携サイトの適合性などが考えられます。

プログラムが突然解除されると、広告を外す必要が生じます。同時に、記事についても広告との関連性がある部分を修正する必要があります。

事前にプログラム解除を予測できるか?

広告主は、定期的に見直しを行っており、提携後に広告を一度も貼らない場合、提携が解除される可能性があります。提携は広告掲載を前提としているため、実績がない場合に解除されることもあります。したがって、広告を掲載しない場合は提携解除のリスクがあることに留意する必要があります。

プログラム終了の場合は事前に連絡が来る

A8.netではプログラム終了の場合は、事前に通告があり、記事の修正や広告の取り外しは、プログラムが終了するタイミングで行う事ができます。

WordPressでどの記事にどの広告を貼ったか調べられる

解除されたプログラムIDを調べる

A8.netの画面で、[プログラム管理]⇒[解除プログラム]の画面に遷移し、プログラムを選択します。下記のプログラムだとs0000000018015の部分になります。

WordPress記事一覧の検索ボックスで調べる

WordPressの記事一覧の画面で、先ほど調べたSから始まるプログラムIDを入力して検索します。検索したプログラムの広告が貼ってある記事が検索結果の画面に出てきます。

A8.netのプログラムに関わらず、htmlのタグでも検索できるので、特定のキーワードに関する検索をしたい場合も役に立ちます。また記事のURLで検索すると、リンクを貼ってある記事も検索することができます。

記事の修正はどうするのか?

解除されたプログラムの広告に関する情報が記事に記載されていれば、修正する必要があります。この時に、広告に関連した情報の部分を削除してしまったも良いのですが、せっかく書いた記事なので、リンク先のURLのみを修正すると良いでしょう。修正する作業工数も考えるとURL部分の修正に留めておくとよいでしょう。

提携解除されたからといって、広告に関する部分を丸ごと削除してしまうことで、記事の品質が落ちてしまうのであれば、残しておいた方が良いです。

プログラム解除に関連する注意事項

そのほか、プログラム解除に関する注意事項をまとめておきます。

リンクを貼る予定が無いプログラムは解除しておく

記事を執筆する際は、企画段階で希望する広告を調査し、それに基づいて企業に提携を申し込みます。しかしながら、企画段階で予定が変更され、広告の必要性が薄れた場合は、提携解除を検討することが望ましいです。

プログラムを管理する際には、広告を掲載していない企業が、プログラム一覧に入っていると、運用も大変になります。

広告掲載URLのご提出について

提携後、広告を掲載した場合は、掲載URLを広告主に申告する必要があります。その際、「自身のブログにおいて、以下の記事に広告を貼りましたので、ご確認をお願いします」という情報を共有することが必要です。

「一般消費者が事業者の表示であることを識別するのが難しい表示」は、一般消費者が自主的かつ合理的な選択を妨げるおそれがある不当な表示として、景品表示法の規制対象となります。一般的には「ステマ規制」として知られています。

広告を貼ったら、広告とわかるように

一般の消費者にとって、わかりやすい場所に広告を掲載することが重要です。紛らわしい表示や誤解を招く記載にも、注意が必要です。

また、ブログを運営する上で広告主の商品やサービスを紹介し、対価を得るというビジネスの性質を考慮することも重要です。広告主側の立場も考慮しながらブログを運営していくことが必要です。

さいごに

  • プログラムの解除は突然実施される
  • 解除されたプログラムの広告はURL先の変更程度に留めておく
  • 広告を貼る予定が無いプログラムは解除しておく
  • 広告を貼ったらURLを申告しておくこと
  • 広告はわかりやすい場所に貼ること
タイトルとURLをコピーしました