アルコールが抜けるまでの時間は?計算方法や早見表を掲載しました

生活の知恵

日本酒やビールを飲んだときに、どれくらいでアルコールが抜けるのか?気になった方は多いと思います。飲酒運転にならないように、「これだけの時間を空ければ、運転して大丈夫だろう」と思っていても、実はアルコールが抜け切れていない場合もあるのです。

今回の記事では、摂取したアルコールが体内から抜けるまでの時間は、どれくらいなのか?計算方法も添えて、ご紹介していきたいと思います。
このページでアルコールの分解時間を計算できます。計算をしたい方は、記事の一番したまでスクロールしてください。

アルコールの計算概要

計算式の概要

  1. アルコール飲料の純アルコールを計算
  2. 1時間あたりに分解される純アルコールを計算

(1)アルコール飲料に含まれる純アルコールを計算

まずは、摂取するアルコール飲料に含まれる”純アルコール(g)”の重さを計算してみます。

beer

アルコール5%の缶ビール(350ml)に含まれる純アルコールは、下記の計算方法で算出できます。
純アルコール=350ml × 0.05(度数) × 0.8

アルコール5%の350mlのビールなので、350×0.05で計算すると、17.5mlのアルコールが含まれていることが計算できます。
アルコール1(ml)に含まれる純アルコール(g)は、0.8をかけると計算できますので、17.5mlに0.8をかけると、14gと計算できます。

350mlの缶ビールには、純アルコールが約14gも含まれてるのですね。ちなみに同様の計算で、500mlのビールには、純アルコールが20g含むことがわかります。

純アルコールが算出できたら、次にどれくらいの時間で体内からアルコールが抜けるか計算することができます。

(2)アルコールが抜けるまでの時間

アルコールが抜けるまでの時間は、自分の体重(kg)から算出することができます。

1時間あたりに分解できる純アルコール(g/h) = 体重(kg) × 0.1

体重が、60kgの人は、1時間あたり6gの純アルコールを分解することが可能です。

少し分かりやすく記載すると

  • 50kgの人は、1時間あたり5.0gの純アルコールを分解
  • 55kgの人は、1時間あたり5.5gの純アルコールを分解
  • 70kgの人は、1時間あたり7.0gの純アルコールを分解

体重60kgの人が、純アルコール20g(500mlの缶ビール)を分解するには、
アルコール分解時間=純アルコール20g / 体重kg × 0.1で計算できます。すなわち、3.33時間です。約3時間半ということがわかります。

まとめて記載すると、
アルコール分解時間 = 容量ml * 度数 * 0.8 / 体重kg * 0.1

アルコール度数が、飲料によって異なるので、それぞれの飲料(ビール、ワイン、日本酒など)に含まれる純アルコールの量(g)を合算してから計算すると、わかりやすいかもしれません。

わたくしの場合は、体重が55kgですが、1桁目を切り捨てて、50kgで計算するようにしています。理由は、アルコールが分解されるまでの時間は、おおよその目安なので、余裕を持って50kgで計算するようにしています。体重が軽い方が、アルコールの分解までの時間が長いですので。

アルコールの分解までの時間は、人により若干の違いがあり

アルコールを分解するまでの時間は、体重が大きく関係していると記載しました。しかし、人によっては、若干の誤差が生じます。

それは、

  • 身体の状態
  • 年齢
  • アルコールを摂取したときの空腹状態
  • 性別

などが関係してきます。

身体の状態が、悪いと分解までの時間が長くなるそうです。若い人と比較すると、年配者の方が分解までの時間が長い。空腹時にアルコールを摂取すると、分解までの時間が長い。男性より女性の方が、分解までの時間が長い。といった、情報を聞いたことがありますので、参考までに。

アルコールの分解までの時間は、あくまでも目安であり、多少の個人差はあります。なので、アルコールを摂取した際には、分解までの時間を計算し、さらに余裕を持って行動してください。

体重別の早見表

ご自身の体重を元に、早見表を作成することをお勧めします。

40kg、50kg、60kg、70kg、80kgの人が、飲酒後に、アルコールが分解されるまでの時間を記載してみました。アルコール(g)は、お酒の量×度数×0.8で計算しています。

下の表では、40kgの人が缶ビール350mlを飲むと、3.5時間は、体内からアルコールが抜けませんという目安になります。

50kgの人が、カクテル350ml(2.8時間)と日本酒180ml(4.3時間)を飲んだら、合計で7.1時間(7時間と6分)は、体内からアルコールが抜けませんという目安になります。

AL(g) 40kg 50kg 60kg 70kg 80kg
缶ビール・カクテル類(5%)350ml 14.0 3.5 2.8 2.3 2.0 1.8
缶ビール・カクテル類(5%)500ml 20.0 5.0 4.0 3.3 2.9 2.5
日本酒・梅酒(15%)1合180ml 21.6 5.4 4.3 3.6 3.1 2.7
焼酎(20%)1合180ml 28.8 7.2 5.8 4.8 4.1 3.6
焼酎(25%)1合180ml 36.0 9.0 7.2 6.0 5.1 4.5
焼酎(30%)1合180ml 43.2 10.8 8.6 7.2 6.2 5.4
焼酎(40%)1合180ml 57.6 14.4 11.5 9.6 8.2 7.2
酎ハイ(7%)180ml※コップ1杯 10.1 2.5 2.0 1.7 1.4 1.3
酎ハイ(7%)500ml 28.0 7.0 5.6 4.7 4.0 3.5
ワイン(12%)120ml※ワイングラス 11.5 2.9 2.3 1.9 1.6 1.4
ワイン(12%)375ml※ハーフボトル 36.0 9.0 7.2 6.0 5.1 4.5
ワイン(12%)750ml※フルボトル 72.0 18.0 14.4 12.0 10.3 9.0
ウィスキー・ウォッカなど(40%)
シングル水割り(原液30ml)
9.6 2.4 1.9 1.6 1.4 1.2
ウィスキー・ウォッカなど(40%)
ダブル水割り(原液60ml)
19.2 4.8 3.8 3.2 2.7 2.4

自分で計算が苦手な方は、上の表を参考にしてください。このページをブックマークしておき、必要な時に確認してください。

その他アルコールをチェックする機械やアプリ

アルコールチェッカー

体内のアルコールを自分で計算するのは、面倒だ!と言う方も多いかもしれません。そういう方のために、自身でアルコールチェックをできる”アルコールチェッカー”という便利なアイテムがあります。

タニタ アルコールチェッカー ネイビー EA-100-NV

新品価格
¥3,575から
(2017/4/19 13:00時点)

 おすすめのメーカーはタニタです。

アルコールチェッカーには、寿命があります。定期的に使用することで、性能が落ちますので、買い換える必要があります。メーカーによっては、本体を買い換えるのではなく、交換用センサーを買うだけで継続して使用できる物もあります。

アルコールチェッカーの価格は、まちまちです。1万円以下で品質の良いものを買うことができます。

通販で買うことが可能です。

ディスカウントショップで販売されていることが多いです。以前、ドンキホーテで購入したことがあります。電気屋やカーショップでは、取り扱っていない場合があるので、店員さんに聞いてみると良いかもしれません。

スマートフォンのアプリでアルコール計算

スマートフォンには、体内のアルコールを計算してくれるアプリがたくさんあります。アプリストアで「アルコールチェッカー」と検索すれば、アルコールが抜けるまでの時間を、アプリが計算してくれます。自分で、計算するのが面倒な方は、アプリを使ってみるのもよいかもしれません。

定期的に新しいアプリが出たり、無くなっていたりします。また、アプリごとに、仕様がことなりますので、ご自身で実際にダウンロードして、使ってみてください。

アルコールチェッカーのアプリ

アルコールチェッカーのアプリ

アプリで、自分の体重と、何をどれくらい飲酒したのか設定し、時間を算出しました。3時間13分と出ましたが、目安の時間なので、ご注意してください。

アルコールチェッカーのアプリ

アルコールチェッカーのアプリ

だいたいどのアプリも共通ですが、

  • 自分の体重
  • 飲んだお酒の種類と量

を入力するだけで、分解されるまでの時間を計算してくれます。

iPhoneを所有している方はAppStoreで、Androidを所有している方はグーグルストアで、”アルコールチェッカー”と検索してみてください。

WEB上でアルコール分解時間を計算

体重の入力と、どのお酒を何本飲んだのか入力してください。

(例)60Kgの人が、ビール350を1本、ビール500を1本飲む場合、「体重」に60、「ビール350」に1、「ビール500」に1を入力します。
入力が終わったら、計算ボタンを押します。

あくまでも目安です。ご注意ください。

















さいごに

わたくしの場合は、350mlのビールもしくは、500mlのビールしか飲まないので、自分専用のアルコールが抜けるまでの早見表を作成しました。

350、500、700、850、1000、1050、1200と、いくつかの組み合わせだけですが・・・、1回作ると非常に便利です。

著者より

記事は参考になりましたでしょうか?ブログが気に入って頂けたらブックマークをお願いします。ご意見ご感想がありましたら、お気軽に問い合わせフォームよりお願いします。時々メッセージを頂きます。ありがとうございます。

またSNSアカウントもあります。フォローして頂けたら嬉しいです。執筆者のプロフ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
生活の知恵
記事をシェアする
両毛(管理人)をフォローする
タイトルとURLをコピーしました