距離を近づけるために、敬語を止めてもらう方法

仲良く話をする社員たち 生き方・考え方
仲良く話をする社員たち

社会生活を営む上で、コミュニケーションは不可欠な要素です。特に日本では、敬語とタメ口の使い分けが、相手への敬意を示す重要な手段となっています。しかし、この微妙なバランスを上手く取ることは、誰もが得意とするわけではありません。

今回の記事では、敬語とタメ口を適切に使い分けるコツと、そのメリットについて探ります。

敬語とタメ口の使い分けの重要性

コミュニケーションにおける敬語とタメ口の使い分けは、単に言葉遣いの問題を超え、相手への敬意や親密さを表現する手段として重要な役割を果たします。

敬語は社会的な立場やビジネスシーンでの尊重を示すために用いられ、一方でタメ口は親しい間柄やリラックスした環境での心地よい交流を促します。適切に使い分けることで、相手との関係を深めることができるだけでなく、誤解や不快感を避けることにも繋がります。特に異なる世代や文化背景を持つ人々との交流では、このバランスがコミュニケーションの成功を左右することも少なくありません。

皆が皆、敬語とタメ口をうまく使いこなしているわけではありません。逆に、敬語とタメ口をうまく使いこなしている人は、コミュニケーション上手と言っても過言ではありません。また、うまく使いこなすことで、仕事でも恋愛でも、良い結果に繋がります。

敬語からタメ口への移行

敬語からタメ口へと言葉遣いを変える過程は、相手との関係性に大きな変化をもたらします。

この移行は、相手との信頼関係が築かれ、より親密な関係を求める適切なタイミングで行うことが重要です。突然の言葉遣いの変化(敬語⇒タメ口)は相手を戸惑わせる可能性があるため、まずは相手の反応を見ながら徐々に敬語を崩していくことが望ましいでしょう。

また、移行の際には相手の立場や年齢、文化的背景を十分に考慮し、相手が不快に感じないよう配慮することが肝要です。このプロセスを通じて、相手との間にある心理的な壁を取り除き、より自然体での交流が可能になります。

敬語の使用をやめてもらう方法

敬語の使用をやめてもらい、よりフランクな関係に移行するためには、まず自らがリラックスした態度で接することが大切です。特に職場などの公式な場では、年齢や立場に関わらず、相互にリラックスした関係を築くために、「敬語は不要ですよ」「もっと気軽に話しましょう」といった言葉で意図を伝えることが効果的です。

このようなアプローチは、相手に安心感を与え、コミュニケーションの壁を低くする手助けとなります。しかし、この過程では相手の個性や文化的背景に敏感であること、そして変化を無理強いしないことが重要です。円滑な関係への移行は、相手のペースを尊重することから始まります。

補足ですが、敬語のままだから、距離が遠いままであるというわけではありません。単に相手が自分に対し、自分が相手に対し、敬意を表しているだけの話であって、ついつい敬語になってしまっていることもあります。なので状況に応じてですが、無理にタメ口に切り替える必要はありません。

敬語を使い続けるメリット

必ずしもため口の方が良いわけではなく、敬語を使い続けるメリットも紹介します。

敬語を使い続けることは、多くの場面で重要な役割を果たします。特に、社会生活やビジネスの世界では、敬語は尊敬と礼儀を示す基本的な手段です。敬語を用いることで、初対面の人々や上司、目上の人に対して敬意を表し、プロフェッショナルな印象を与えることができます。また、敬語は相手との適切な社会的距離を保つ助けとなり、尊重と礼儀の文化を育む土壌となります。

敬語を使い続けることのメリットは、コミュニケーションの明確性にもあります。敬語は、話し手の意図や感情を適切に伝え、誤解を避けるための枠組みを提供します。これにより、双方が互いに快適にコミュニケーションを取り続けることが可能になります。

さらに、敬語の使用は、相手への思いやりや配慮を示す方法としても機能します。敬語を通じて、相手の立場や感情を尊重し、心地よい関係性を築くことができるのです。このように、敬語は社会的なスムーズな交流を促進する重要な役割を担っています。

敬語を継続的に使うことで、相手に対する尊重の姿勢を保ちながら、信頼関係を構築しやすくなります。また、文化的な伝統や価値を尊重し継承する意味でも、敬語の使用は大きな意義を持っています。敬語は、単に言葉遣いの一形態にとどまらず、相手を思いやる心と礼儀正しさを象徴する文化的な資産と言えるでしょう。

さいごに

わたくしの会社員時代の体験談ですが、企業の組織内において、管理職の立場になりましたが、後輩・部下誰に対しても敬語を使っていました。また腰を低く接していたこともあり、周りからの評価が良かったです。

脱敬語で、人生ハッピーとまではいきませんが、固い考え方を少し緩くする意味で、良い機会かもしれませんね。

※敬語は英語では、Honorificと記載します。

著者より

記事は参考になりましたでしょうか?ブログが気に入って頂けたらブックマークをお願いします。ご意見ご感想がありましたら、お気軽に問い合わせフォームよりお願いします。時々メッセージを頂きます。ありがとうございます。

またSNSアカウントもあります。フォローして頂けたら嬉しいです。執筆者のプロフ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
生き方・考え方
記事をシェアする
両毛(管理人)をフォローする
タイトルとURLをコピーしました