死ぬほど行きたくない飲み会!飲み会の心構え、賢い断り方

飲み会 仕事に関すること
飲み会

仕事後の会社の飲み会には、様々なネガティブなイメージがつきものです。例えば、仕事が終わった後に再び同僚たちと過ごすことに対する抵抗感、アルコールが苦手な方や飲まない方にとっての不快感、プライベートの時間が削られることへの懸念などが挙げられます。本記事では、これらの懸念を少しでも和らげる方法に焦点を当て、より良い飲み会の過ごし方を提案いたします。

飲み会に行きたくない理由

飲み会に参加したくない理由は様々です。以下はその一般的な例です。

  • 酒癖が悪い上司との接触を避けるため。
  • アルコールが苦手で、飲み会が楽しいと感じられない。
  • 家でリラックスして食事をとりたい。
  • 接待が苦手で、無理に参加するのが辛い。
  • 飲み会の会費が高いため、節約のため参加を避けている。
  • 仕事で疲れており、早く家に帰りたい。
  • 翌日早いため、2次会・3次会まで参加するのは困難。
  • 終電で帰れず、宿泊施設に泊まり、朝帰る必要がある。

これらの理由により、飲み会への参加を避ける人は多いです。

飲み会は楽しむのではなく、トレーニングをするツール

社会に初めて出たばかりの頃、飲み会は不快なものと感じる人が多いでしょう。しかし、これを乗り越え、克服することが重要です。

勉強が知識を身につけるトレーニングであるように、飲み会もまた、社会人としてのコミュニケーションスキルを向上させるトレーニングの一環と捉えるべきです。苦手なのは、まだ攻略方法を知らないか、飲み会への免疫が十分についていない未熟な状態だからかもしれません。

飲み会というイベントを通じて、スキルを磨くことは非常に重要です。仕事とは異なり、柔軟で臨機応変な対応が求められます。仕事よりも飲み会の方が難しいのは、仕事のスキルとは異なるスキルが要求されるからかもしれません。

事前に準備対策を立てる

新人歓迎を例にあげてみます。新人歓迎の飲み会では、成功の鍵は事前の準備にあります。

まず、一発芸の要求がある場合は、飲み会の場で受けそうなネタを考え、練習しておくことが肝要です。同様に、自己紹介も大切な瞬間。賢く、かつ印象的な挨拶を事前に考え、練習しておくことで、自分を良くアピールできます。

想定される出来事に備え、事前に準備を整えることで、相手からは「この人は慎重に準備している。仕事でも同じように成果を上げてくれそうだ」という好印象を得ることができます。

営業においても同じです。顧客に好かれることが仕事契約につながるように、飲み会でも相手に好かれることは重要です。飲み会での印象づけが、後の仕事を円滑に進める手助けになることもあります。自分自身を良く見せ、相手との良好な関係を築くことが、ビジネスにおいても成功に繋がります。

飲み会はライバルを出し抜くチャンス

1つでも多く収穫するという意気込みで臨む

飲み会は、自分にとってプラスになりそうな要素を徹底的に活用する絶好の機会です。

まず、有益な情報が飛び交う可能性があるので、周りの声に良く耳を傾けて、チャンスになりそうなことは、聞き逃さないようにするのがコツです。メモ帳を持って飲み会に参加するくらいの勢いが必要です。

また、飲み会は普段なかなか言いにくい上司とのコミュニケーションのチャンスでもあります。相談事や自分の意見を上手に伝えることで、良好な関係を築くことができます。情報を受けるだけでなく、積極的にアウトプットすることも肝要です。

さらに、意外な場面での交流が生まれる可能性もあります。勤務地の異なる仲間と接触することで、ビジネスチャンスが舞い込むことも考えられます。連絡先の交換や新しい繋がりを築くことが、将来の展望を広げるポイントとなります。

周りが「飲み会に行きたくない」と感じる中、自分はライバルたちを出し抜き、より多くの成果を得ることを目標としましょう。

上司への質問はリストアップしておく

上司に好印象を与える質問を事前に考えておくことは、飲みの場で円滑なコミュニケーションを築く重要なステップです。質問できそうな候補はいくつかリストアップしておくと良いでしょう。

例えば、「過去の仕事での成功体験はありますか?」や「キャリアの中での大きな挑戦や克服した困難は何ですか?」など、仕事に関するポジティブなトピックで上司の経験を引き出す質問は受けが良いことがあります。

また、趣味や関心事についても質問してみると良いでしょう。「週末は何をして過ごしていますか?」や「お勧めの居酒屋ありますか?」といった軽いトピックは、くつろいだ雰囲気でのやり取りを生み出すのに役立ちます。

ただし、質問のタイミングや相手の雰囲気に注意しつつ、自然な流れで質問を挿入するよう心がけましょう。これにより、上司との関係をより深めることができます。

どうしても参加できない時の断り方

いろいろ対策はしてみたが、飲み会が苦手であり、参加が難しい場合、単純に「行きたくない」と伝えるのは避けたいものです。他にも上手な断り方がありますので、以下の方法を参考にしてみてください。

  • 少人数への調整:大勢での飲み会が苦手な場合、圧力を感じずにコミュニケーションが取りやすい少人数の飲み会に誘ってもらえないか相談してみましょう。
  • 仮病を含む健康上の理由を挙げる:アルコールを控えなければならないと医師から指示されている、または最近の健康診断結果が芳しくなく、アルコールを摂ることが難しいと伝えることで、納得されやすいです。また、眠れない日々が続いているといった理由も挙げられます。
  • 予定が埋まっていると嘘をつく:突発的な飲み会の誘いに対して、予定が埋まっていると嘘をついて断ることができます。ただし、頻繁に使うと信頼性が損なわれる可能性があるため注意が必要です。
  • 正直に伝える:飲み会が苦手な理由を素直に伝えることも一つの方法です。特に合わない人がいる場合は、その旨を伝えて、ストレスを減らすことができます。
  • 家庭の事情をアピール:共働きで夜は妻が働いているので幼い子供を留守番させられない。他には家族の健康状態が心配で早く帰る必要があるなど、家庭の事情をアピールして、理解を得ることも一つの手段です。

これらの方法を柔軟に組み合わせて、状況に応じて適切な断り方を選ぶと良いでしょう。

まとめ

  • 飲み会は、トレーニングの一環である。
  • 飲み会には事前に準備をして万全な状態で臨む
  • 飲み会で聞いてみたい質問はリストアップしておくと良い。
  • 参加できない時は、上手な断り方で乗り切る。
著者より

記事は参考になりましたでしょうか?ブログが気に入って頂けたらブックマークをお願いします。ご意見ご感想がありましたら、お気軽に問い合わせフォームよりお願いします。時々メッセージを頂きます。ありがとうございます。

またSNSアカウントもあります。フォローして頂けたら嬉しいです。執筆者のプロフ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
仕事に関すること
記事をシェアする
両毛(管理人)をフォローする
タイトルとURLをコピーしました