人を不快にさせる 『ため息』という行為。知らずにやっている人は注意

生き方・考え方

知らず知らずのうちに、相手に対して失礼で不快な印象を与えてしまう行動が存在します。たとえば、ため息や舌打ち、指を指すなどの仕草が挙げられます。これらの行為がされると、相手は不快な気分になることがあります。身の回りでも、これらの行動を平気で行う人がいるかもしれません。同じ立場の人であれば、巧妙に指摘することができるかもしれません。

今回は特に「ため息」に焦点を当て、その経験をもとに考察してみました。自分にとっても気づきにくい行動が、相手にとっては大きな影響を与えてしまうことがあることを理解し、気をつけることが大切です。

ため息は、相手を不快にさせる

ため息は、相手を不快にさせる行為

普通の人であれば、仕事のパートナー、親友、先輩後輩など、どんな相手に対しても「ため息」をつくことは避けるでしょう。子どもの頃から、「ため息は相手を不快にさせる行為」と教わってきたはずです。

一般的な感覚を持つ人は、大げさな「ため息」が相手に聞こえると、それが不快であることを理解しています。良識ある人は、誰に対しても平気でため息をつくような態度はとりません。ため息をする人間が、現在問題なく、周りと付き合っていけたとしても、必ずどこかで壁にぶつかります。

友達との会話で相手が絶えずため息をつく場合、相手は自分がつまらないか、会話が楽しくないと感じる可能性があります。このような状況では、相手は不快な気持ちになるでしょう。ため息を受けることで、関係に壁が生まれる可能性もあるのです。

馬鹿にしているようなため息

仕事においても同じです。ため息は何のメリットもありません。相手が何かミスした時でも、一呼吸置いて、何が悪かったのか一緒になり、解決案を出すのが、もっとも良い方法でしょう。

相手がミスした時に、出るようなため息は、相手を馬鹿にしているような行為として捉えられてしまいます。

間違ってもため息を発してはいけません。そもそもため息をつく人間は、自分のことをたなにあげて、理不尽なため息を知らぬ間に発している人が多いです。

そうならないためにも、日ごろから当たり前のように、ため息をしている方は、「ため息は悪いことだ」と頭にいれ、どんなときも、一呼吸おいて、余裕のある日常生活をおくることをお勧めします。

著者の体験談ですが、勤務先に人を小馬鹿にするようなため息を当たり前のように吐く方がいました。そのせいか、職場の夢を良く見ます。職場の夢にはいろいろな意味があるようです。

404 NOT FOUND | アクティブマインドの雑記帳 – ビジネスとライフのアイデア
執筆好きのアラフォー自営業が書くウェブログです。

疲労からくるため息もある

ため息には、相手に対して攻撃的なアクションである場合が多いですが、時には、極度の疲労、脱力感などから、自然とため息が出ることがあります。相手に対してではなく、自身の疲れが原因によるものです。

1回くらいのため息であれば「どうしましたか?」と気にかけてくれる人は、周りにいるかもしれません。しかし、常に常習的に、疲労から出るため息をしていれば、聞いてる側も、あまり良いように受けません。むしろ、「大変アピールをしてるのでは?」と疑いたくなることも。

もし、自分自身が疲れていて、ため息が自然と出てしまったら、「あっ、ため息出ちゃいました、ごめんごめん」くらいの気持ちはあった方がよいです。

親しき仲にも、不快に思わせるようなことが、頻繁に続いては、離れていってしまいます。

もし他人がため息をしていたら

ため息している場面によりますが、仕事で”相手を見下しているようなため息”をする人がいたら、あまり良いイメージではないことを教えてあげましょう。 一部の方は、ため息はしても当たり前という環境で、生きてきた人もいます。常識は人によって違うこともあります。

馬鹿にするようなため息は、コミュニケーションにとって悪影響しかありません。

疲労からでるようなため息”をしているのを見かけたら、どうしたのか問いかけてみてはどうでしょうか。身近な人であれば余計です。ひどく落ち込んでいるような場面でのため息であれば、もしかしたらヘルプのサインかもしれません。

さいごに

ため息は、どの場面でも、相手によっては、良いイメージがないようです。普通の方ですと、落ち込んでしまう人もいます。落ち込んでしまった場合は、以下の記事も参考にしてみてください。

落ち込んでいる時の対処法 呼吸法 打診法
 今回の記事では、落ち込んだ時に、どうしたら良いのかまとめてみました。自分が落ち込んだパターン、相手が落ち込んでいるパターンをケース別で、解説しています。
著者より

記事は参考になりましたでしょうか?ブログが気に入って頂けたらブックマークをお願いします。ご意見ご感想がありましたら、お気軽に問い合わせフォームよりお願いします。時々メッセージを頂きます。ありがとうございます。

またSNSアカウントもあります。フォローして頂けたら嬉しいです。執筆者のプロフ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
生き方・考え方
記事をシェアする
両毛(管理人)をフォローする
タイトルとURLをコピーしました