ブログを更新しなくなった理由 7年放置してみた

ブログを更新できない理由 ブログ運営

当ブログ(雑記ブログ)は、不定期に更新し続けていましたが、長い期間更新を停止していました。今回の記事では、更新しない理由と、久しぶりに更新しようと思った理由と、アクセスの推移はどうなったのか?など書いてみました。

ブログの更新を一時停止した理由

当ブログは、2013年4月から2016年7月まで、ブログを書き続けていましたが、一時的にブログの更新を停止しました。

ブログの更新を停止した理由は、

  • 他に管理しているウェブサイトの更新が忙しい為
  • 語学の勉強に時間を使いたい為
  • 副業(バイト)の仕事が忙しい為
  • モチベーションが低下した為
  • 当ブログの丸パクリが判明した為

つまり、他のタスクと比較して、ブログの更新の優先順位が低いことです。また雑記ブログなので、収益化はほとんどできていないので、アクセス数はあっても収入が低いので、モチベーションも落ちたこともあります。更に、他のブロガーの人が私のブログのネタを丸パクリして少し編集しただけの記事をポストしているのがわかり、更新の手が止まってしまいました。

元々、練習用として書き続けている雑記ブログの為、時間がある時に更新できれば良いと決めていました。寝る時間を削ってまで更新はできません。

もしブロガーの方で、更新を続けようか停止しようか迷っている方がいたら、他のタスクと比較し、優先順位を考えてみると良いでしょう。

更新を停止させると、アクセス数の推移は?

先に結果を書いてしまいますが、しばらくはアクセス数はほぼ変わらずです。

最終更新日から4年間(2016~2020年)の月間アクセス数は、増減20%ほどです。アクセスの多い記事は、安定したアクセス数を稼いでいます。記事単体では、ある期間になるとアクセスが無くなったり、突如アクセス数が増えたりと様々です。

ブログを更新しておりませんので、検索流入は減ったかと思いきや、若干ですが増えていました。

アクセス元は、検索エンジンからの流入がほとんどですので、検索流入とページビューは比例します。SNS経由のアクセスもありますが、ほとんど変わらずでした。

当ブログでは、もともとアクセス数は、微々たるものです。微々たるアクセスですが、ブログを更新しなくても、”ある程度のアクセスはある”という結果でした。

もちろん更新していれば、もちろんアクセスは伸びるでしょうし、読者も増えていたかもしれません。

ブログに限った話ではなく、youtubeやニコニコ動画などの動画コンテンツでも、更新しなくても、過去動画を見に来るユーザはいるので、ある程度のアクセスはありますね。

更新はストップさせない方が良いのか?

まず結果論を述べますが、ブログの更新は絶対にストップしない方がいい。

様々な理由で、更新がストップしてしまうのは良くある話です。ブログをしっかり更新し続ければ、それに比例しアクセスは伸びます。検索エンジンに評価されるだけではなく、一般の読者も増えます。

しかし、ブログの更新をストップしてしまうと、どのようなデメリットがあるのでしょうか?

  • アクセスを伸ばすチャンスを失ってしまう
  • 記事の情報が古いままになる
  • 作者不在と見なされ、読者が離れる
  • 新着記事を書くのが面倒になる

やはり1番のデメリットは、アクセス増加のチャンスを失ってしまうことでしょうか。そのまま書き続けていれば、書いた記事がバズることもあります。アクセスが伸びれば、広告収入も伸びます。

そのチャンスを失ってしまうのです。

また記事の情報が古いままになってしまい、最新の有益な情報が発信できず、検索エンジンだけではなく、一般読者の評価も下げてしまいます。

更には、一度更新が滞ってしまうと、人によってはモチベーションが低下し、そのまま放置ブログになってしまうことがあります。ブログを複数保有し、単純に一部のブログだけ更新がストップしている場合は、話は別ですが。

もしどうしても更新をストップしてしまうようであれば、最低限記事のメンテナンスだけはしたほうがいいです。なぜなら、アクセスは一気に減りません。訪問者がいれば、広告収入を得られる可能性は高いです。しかし広告が古く、ほとんどリンク切れの場合は、もったいないです。各記事の広告をメンテナンスできなくても、共通部分の広告だけでもチェックしてください。広告はすぐに古くなり使えなくなるものも多いです。

ブログを更新し続けるのは難しいのか?

ブログの更新を停止させてしまう理由として、一般的には

  1. 更新する時間が無い・忙しい
  2. 更新が面倒になった
  3. ネタ切れ

が、ほとんどです。

ちなみに、当ブログは、他のサイトの更新のため、時間が作れませんでした。更新が面倒になったわけではなく、ネタ切れということもありません。

ブログを更新し続けるということは、

  • 執筆時間の捻出
  • モチベーション維持
  • ネタ探し

といろいろ大変です。更新し続けるための条件のどれかでも欠けてしまったら、ブログの更新が滞ってしまいます。

ブログを久しぶりに更新しようと思った理由

久しぶりにブログを更新しました。

整理すると、2016年7月に更新を止め、2021年1月にブログを1記事のみ更新し再び放置しました。2023年の12月に再開しました。途中の1記事更新を抜かすと、およそ7年ぶりの更新になります。

普通の人だったら、7年も更新していなかったらブログそのものを削除するはずです。7年もブログを放置し普通に更新を続けている方は、日本にどれくらいいるでしょうか。

久しぶりに記事を書こうと思った理由は、

  • 単純に時間的な余裕ができたこと
  • 他のタスクの目標を達成したこと
  • さすがに5年開けるとブログの評価が落ちてきた

1日のスケジュールの中で、当ブログの更新に費やすというタスクの優先順位は低いままに変わりありません。実生活に支障をきたさないのがベストです。

しばらく更新が滞るとアクセス数も下がります。当ブログでもアクセスの低下が見られたので、記事やカテゴリのメンテナンスを行い、ブログを立て直した経験があります。

ちなみにアクセス数の推移ですが、2016年7月と2023年12月では、ほとんど3分の1くらいに落ち込んでいます。実際には2022年頃から(放置6年位)、アクセスが大きく下落しています。

長期間ブログを放置することで、評価が大きく落ちてしまいました。せっかく始めたブログなので復活できるかわかりませんが、再びトライしてみようと思ったのです。

終わりに

記事の内容をまとめると

  • ブログを更新しなくなると、アクセスが激減することはない(数年は)
  • ブログの更新頻度は、他のタスクと比較し、優先順位を決める
  • ブログを更新し続けていたほうが、バズるチャンスもあるので、続けることにメリットあり

当ブログと同じように、

  • ブログの更新を一時停止しようと考えている方
  • ブログの更新を再開しようと考えている方

に、参考になればと思います。

著者より

記事は参考になりましたでしょうか?ブログが気に入って頂けたらブックマークをお願いします。ご意見ご感想がありましたら、お気軽に問い合わせフォームよりお願いします。時々メッセージを頂きます。ありがとうございます。

またSNSアカウントもあります。フォローして頂けたら嬉しいです。執筆者のプロフ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ブログ運営
記事をシェアする
両毛(管理人)をフォローする
タイトルとURLをコピーしました