真夏の紫外線は、髪の毛にとって大ダメージ!対策とケアは?

夏の朝に通勤する女子学生 恋愛・美容
夏の朝に通勤する女子学生

真夏の紫外線は、意外と髪の毛に大ダメージを与えます。しっかり対策、ケアすることで、髪の痛みを防ぐことができます。

真夏の強い紫外線対策

年中で最も髪にダメージを与える時期は、紫外線が強い真夏と乾燥が厳しい真冬です。特に夏と冬は、春や秋に比べて抜け毛の問題が顕著になりがちで、すでに髪が薄い方やダメージを受けやすい方は、夏の紫外線によって抜け毛がさらに悪化することがあります。

しかし、適切な紫外線対策を施すことで、髪のダメージを大幅に軽減することが可能です。紫外線から身を守る方法としては、以下のような状況で特に注意が必要です。

  • 通勤通学時
  • 屋外での作業
  • 短時間の買い物や外出
  • BBQなど屋外でのイベント

直射日光を避ける最も効果的な方法は、日傘や帽子の使用です。これらは夏場になるとディスカウントショップやオンラインで容易に手に入ります。

肌に対しては日焼け止めクリームで対策を取ることができますが、髪の保護には物理的な手段に頼る必要があります。暑いので帽子はかぶりたくないと感じる方や、自転車での通勤通学で日傘をさして走行できない方は、スポーツタオルやマフラータオルを頭にかぶるという選択肢もあります。厚手のタオルの方が、紫外線保護には適していますが、固定する必要はありません。

タオルを頭にかぶる方法は、日傘や帽子と比べると紫外線保護効果は若干劣りますが、真夏のファッションに無理なく溶け込みますし、汗を拭くのにも便利です。また、帽子と比較して通気性が良く、より涼しさを感じることができます。

紫外線対策は、真夏の間だけでなく、6月から10月にかけて続けることで、より効果的です。

紫外線で痛んだ髪のケア

紫外線による髪のダメージは避けられないこともありますが、正しいケアでその影響を最小限に抑えることが可能です。私が実践し、効果を実感した方法は以下の通りです:

  1. 野菜と果物の摂取を増やす:バランスの良い栄養摂取は、髪の健康を支えます。特にビタミンやミネラルが豊富な野菜や果物は、紫外線によるダメージから髪を保護するのに役立ちます。
  2. 質の良い睡眠を確保する:しっかりとした睡眠は、体全体の健康に欠かせません。髪の修復や成長にも、良質な睡眠は重要な役割を果たします。
  3. 頭皮マッサージで血行促進:髪を洗った後、頭皮マッサージをすることで血行が良くなり、髪の健康を促進します。数分間で良いので、やさしくマッサージしてみてください。
  4. 髪の清潔を保つ:夏は汗を多くかくため、頭皮が汚れやすくなります。頭皮の健康を保つためにも、適度なシャンプーでの洗髪を心がけ、清潔な状態を保つことが大切です。
  5. 正しい乾かし方:シャワー後は、タオルドライで余分な水分を取り、ドライヤーは低温で使用して髪の毛に優しく乾かしましょう。高温での乾燥は、髪の毛を乾燥させ、ダメージの原因となるため避けるべきです。

真夏は体重が減少しやすく、つい高カロリーの食事に頼りがちになりますが、これが髪へのダメージを加速させる可能性があります。紫外線ですでに痛んだ髪に対して、さらに負担をかけないためにも、野菜や果物を積極的に取り入れ、高カロリーな食品の過剰摂取は控えるようにしましょう。

また、市販のダメージケアシャンプーには個人差があり、私自身も一部の製品が合わなかった経験があります。ケア製品を選ぶ際は、自分の髪質や頭皮の状態に合ったものを選ぶことが大切です。不適切な製品の使用は、髪をさらに細くしたり、ダメージを増加させる原因にもなり得ますので、注意が必要です。

さいごに

真夏と真冬の髪の毛のケア、対策をしっかりしてくださいね!男性、女性に関わらず、髪の毛を大事にケアすることで、実年齢より若く見られることもあります。

モデルの水谷雅子さんは、驚くほど若く見えますが、髪の毛のお手入れも怠らないそうです。

40代男性ですが、髪の毛がベタベタするのを改善できた話
私は以前、頭髪のベタつきに悩んでいました。そのため、さまざまな方法を試してきました。そして、その結果、少しだけですが改善が見られました。私は40代の男性で、髪の長さは普通で毛の量はやや少なめで、BMIは21です。今回は、私が実践した方法やアドバイスをご紹介したいと思います。
夏ばてを防ぐための対策5選!
夏の暑さは体力を奪い、夏バテを引き起こす主な原因の一つです。しかし、いくつかの簡単な対策を取ることで、夏を元気に過ごすことが可能です。ここでは、夏バテを防ぐためのおすすめ対策を5つ紹介します。著者の体験談ですが、夏バテ対策をしっかり出来ておらず、胃を痛め、病院で内視鏡の検査を受けたことがあります。そうならないためにも、少しでも夏バテ対策のアドバイスができればと執筆いたしました。
真夏の電気代を、節約する方法
特に夏は、家庭の電気使用量が大幅に増加し、電気代が予想外に高額に跳ね上がる季節です。この期間中、エアコンと冷蔵庫の使用が電気代全体の約70%を占めるため、これらの家電に注目し、省エネ効果のある簡単な工夫をすることで、節約に大きな差が出ます。ここでは、大きな初期投資を必要とせず、実際に効果が証明された真夏の電気代節約テクニックをご紹介します。手軽に実践できるこれらの方法を取り入れるだけで、節約に役立てることができるでしょう。
タイトルとURLをコピーしました